BOOGIE MAN / PACHINCO MAN - REAL TIME JAMAICA

購入数
sorry... SOLD OUT
    SAMPLE PLAY,PLAY
    SIDE-A PACHINCO MAN
    SIDE-B REAL TIME JAMAICA
    ARTIST BOOGIE MAN
    RIDDIM ANSWER
    LABEL 24x7 RECORDS
    CONDITION 新品
    COMMENT BOOGIE MAN「PACHINCO MAN」は1994年にテイチク・レコード(現テイチク・エンタインメント)からリリース、初のメジャー・ヒットを記録したダンスホール・チューン。大阪を拠点に「浪花イントネーション」でパチンコをテーマに「ジャンジャンバリバリ〜」とシニカル&コミカルに、ジャマイカから伝わる「ANSWER」リディムをリメイク使用した楽曲は現在までのジャパニーズ・レゲエの普及と発展にも多大な功績を果たしたファウンデーション・チューン・定番曲。

    24×7 RECORDSは「PACHINCO MAN」がリリースされた1994年にテイチク社内のレゲエ専門レーベルとしてスタート。翌95年に同社から発売されたBOOGIE MANのメジャー・デビュー・アルバム『BIG TIME』収録曲のジャマイカ制作の担当を機に現在までBOOGIE MANとの関係を構築。

    BOOGIE MANはテイチク社所属時(1994〜96年)にシングル&アルバムを複数枚リリース。2002年にはそのカタログから選曲されたベスト・アルバムも発売。そのテイチク期の全ての楽曲が同社から12月25日に一斉配信発売。

    その配信発売を記念して代表曲「PACHINCO MAN」が24×7 RECORDSから7インチ・レコード発売。B面には『BIG TIME』収録曲でジャマイカで24×7 RECORDSと共に制作、SLY & ROBBIE他ジャマイカの精鋭ミュージシャン達と共に「MAD MAD」リディムをリメイク・制作した「Real Time Jamaica」を収録。『BIG TIME』発売25周年、また99年にテイチク社から独立、2000年に設立された24×7 RECORDSの20周年も記念した企画商品として発売。テイチク社からの配信に合わせて12月25日に発売。

    7インチ商品は完全限定生産。スリーヴ付。スリーヴにはジャマイカのレゲエ&ダンスホールの伝説的イラストレーター、SASSAFRASS(ササフラス)による手描き。元『レゲエ・マガジン』編集長・藤川毅氏による解説原稿封入。